HOME>イチオシ情報>ミニマムな生活を送りたい方にうってつけな家具<ちゃぶ台情報♪>

ミニマムな生活を送りたい方にうってつけな家具<ちゃぶ台情報♪>

女性

そもそも、ちゃぶ台って何だろう?

海外からテーブルがやってくる前、家族で食卓を囲むといえば、ちゃぶ台でした。昔ながらの漫画のシーンに、怒った父親が、勢いよくちゃぶ台をひっくり返し、家族があたふたするというものが多くあります。日本ならではの光景といえます。もともと日本の住宅は畳で、座る場合も、座布団を敷いたりして、床に直に座っていました。椅子の文化が入ってきても、畳を傷めないように、和室では椅子は使われませんでした。そのためテーブルも用いられず、結果ちゃぶ台が使われ続けました。現在ではモダンなデザインも出回っているため、和室洋室問わず、使用されています。また人様のお宅を伺うと、ダイニングに食事用のテーブルを置き、リビングにお茶やお菓子を食べる用のちゃぶ台が置かれていることが、よく見受けられます。

畳

和洋折衷の家具!ちゃぶ台のメリット・デメリット

ちゃぶ台は、テーブルとはちがって椅子が不要なので、ダイニングとして安上がりです。テーブルセットを用意するのに数万円以上かかるのに対し、ちゃぶ台なら数千円で購入することができます。椅子がいらない分、スペースも取りません。一人暮らしで、部屋の大きさに余裕がない人にオススメです。またちゃぶ台のほとんどは、折り畳が可能です。来客時など、スペースを確保したい場合は、畳んで壁に立てかけるといいでしょう。また不要となった場合も、クローゼットなどにしまえるので便利です。人に譲ったり、ゴミに出したりするときも、簡単に運び出せるのがメリットです。反対にデメリットもあります。それは床に直に座るので、長く座れば座るほど足がしびれてくることです。足を伸ばしてしびれを防ぐこともできますが、そうすると、今度は腰に負担がかかってきます。負担を軽減するために、座椅子を用意するのも得策です。

カテゴリ一覧